自家製野菜スープでダイエット

野菜の種類は幾つもありますが、多くの野菜のカロリーはとても少ないことで知られます。

野菜を多く加えたスープを食べることで、健康的にダイエットができます。

市販のスープには添加物が入っていますので、できるだけ自家製にしてみることです。

味付けは基本的には塩、コショウ、しょうゆ、ダシ(昆布・かつお)、味噌などを用いるのみにすると、とても健康的にスープが作れます。

野菜スープに良く合う野菜は色々とありますが、個々の野菜の具体的なカロリーはほんとうに少ないです。

チンゲンサイは100グラムあたり、わずか9kcalだけしかありません。

小松菜や白菜は、いずれも100グラムあたり14kcalです。

だいこんは18kcal、トマトは19kcalです。

仮に、ここに取り上げた野菜を全てスープに投入しても、5種類500グラムで、わずか60kcalほどにしかなりません。

60kcalとは、100グラムの白米のおよそ3分の1にしかならないというほど低カロリーです。

こうした野菜スープには、カロリーの少ないこんにゃく(100グラムあたり5kcal程度)や豆腐(100グラムあたり60kcal程度)などを加えて、味噌汁にするなどして毎日味を変えていくのも良いです。

野菜スープをアレンジして、おでんにすることもできます。

肉はそれほどカロリーは高くないし、魚は低カロリーなので、そうした食材を使って鍋にするのも良いです。
ラ・ミューテはニキビ 口コミ

野菜スープは毎日食べて、白米、パン、砂糖、バターといったカロリーの高い食品を控えていくことで、ダイエットの成功に近づけます。