図解でわかる「サプリ」

妊活中の女性に対して、厚生労働省によって、葉酸摂取が推奨されています。葉酸はビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促す効果があります。そのため、妊娠初期に葉酸が不足してしまうと、例えば、神経管閉鎖障害に代表される先天的障害が発症するリスクが増加するという報告があるのです。もちろん、葉酸を摂取したら確実に発症を回避できるのかと言うとそうではありません。ですが、可能な限りそのリスクを低減するために、妊活中から妊娠3か月の期間、普段の食事にプラスして、栄養補助食品を活用しながら、1日400μg(0.4mg)を目安に葉酸を補給することが、厚生労働省により推奨されています。

妊婦にとって必要な栄養素はたくさんありますが、そうしたものをまとめて摂取できる総合サプリの代表的なものは、ピジョンが発売している葉酸サプリです。ピジョンの葉酸サプリについて調べてみると、幾つかの種類があります。葉酸だけが入っている製品は少ないですが、そのかわりにカルシウム・鉄分・ビタミンなど、妊娠期間中に欠乏しやすい成分が一錠のサプリに詰め込まれていますから、適切な量の栄養素を手軽に摂取できます。この葉酸サプリであれば、様々なサプリを複数飲む必要が無いため、手軽にすべての栄養素を賄えるので、おススメです。また、面倒な摂取量の計算も必要なくなるため便利です。ご自身が不足している栄養素を補うことの出来る成分が入ったサプリを選ぶことが、葉酸サプリの有効な使い方だと言えます。

いまは待望の赤ちゃんを妊娠していますが、半年前までは不妊治療で通院していました。結婚して3年目くらいまでは、タイミングがわかるよう基礎体温アプリを使ってみましたが、授かることができず、同年代のご夫婦が子供を連れてる姿を見るたびに、やりきれない気分でした。病院で検査を受けているときまでは不安でしたが、多嚢胞性卵巣症候群というのがわかり、担当医の指導を受けて排卵誘発剤を使ったのですが、嬉しいことに三周期目で赤ちゃんを授かることができました。ストレスも原因だったのかなと思います。早めに受診するべきでしたね。

近年、葉酸の効果への注目が集まっており、多くの産婦人科で妊婦への摂取が勧められているんですよね。
孕ませ合法化
病院や産婦人科の診療方針によっては、サプリメントのサンプルを妊婦さんに渡している場所もあるそうですから、葉酸がいかに妊婦にとって有益なのかが分かると思います。しかし葉酸の有効性はここ最近注目を浴びたものですので、妊娠中に葉酸を摂っていなかったと不安に思っている方も少なく無いそうです。仮にサプリメントを摂っていないとしても、ビタミンB群に属する栄養素である葉酸は、肉類やホウレンソウなどの青菜類に多く含有していることで知られています。なので、普段通りの食事をきちんと摂っていれば、多少は葉酸を摂れていたと思います。